今知りたいFXの事!海外と国内との違いについて

海外FXと国内FXの違い

>

国内FXについて

資金を増やせる海外

早い段階で利益を上げることができると期待できるのは海外FXかもしれません。
それはレバレッジの差にあります。
国内のレバレッジが25倍までと制限されている中で、海外は400倍まで選択することができます。

レバレッジとは、それを元の資金にかけることでその倍数分の資金の取引に参加できるというものなので、少ない資金で早く利益を上げたい方には味方になってくれるものでもあります。
便利な反面少ない資金でも高額の取引に参加できるということで、レバレッジ率の分高い損失が見込まれる場合があり、リスクは低いとは言えません。
もちろん、短期で・小資金で・大きな利益を上げたい方にとってハイレバレッジは使いこなしたいものの一つでしょう。

取引の透明さを選ぶのなら

FXを始めた時、どのような形式で注文しているのかよく分からなくなることはありませんか?
実は国内と海外とでは業者の形態・注文の仕方が異なります。
もし分かりやすい透明性の高い取引を望まれていらっしゃるのなら、海外の注文の仕方の方が分かりやすいシステムと言えると思います。
何故なら為替市場への注文の仕方で、日本がOTC方式を取れているところが多いのに対して、海外はNDD方式というものを採用されていることが多いです。

このNDD方式、顧客の注文が直接市場に届くというもので、実際に通貨の取引を行うことになり業者はその手数料を利益にしています。
反対に日本のOTCまたはDD方式は、業者が一旦顧客の注文を「のむ」形になり、顧客と業者との相対取引となり分かりやすさに欠けてしまう面もあります。


このTOPICSをシェアする