今知りたいFXの事!海外と国内との違いについて

海外FXと国内FXの違い

>

そもそもFXとは

安全な国内

通貨の価値は今も刻一刻と変わっています。
その通貨の価格の変動に着目して取引を行うのがFXと呼ばれる投資になります。
この通貨の取引は日本円・米ドルだけでなく、世界で流通する様々な貨幣で行うことができます。
国内FXがより安全と言われるのは、信託保全が義務化されていることにあります。
これは国内で運営する以上の必須項目となっており、これによってトレーダーは資金を全額補償してもらうことができるのです。

海外FXではこちらの制度は義務化されておらず任意になっているので、海外で業者を選ぶ際は注意が必要になっていますね。
もちろん、国内のFX業者で選ぶ際でも注意が必要です。
何故ならその業者が倒産してしまえば、全額補償も意味がないからです。
それでも初心者やトレーダーにとって安心であることは変わりありませんね。

入出が楽

忙しい勉強や家事の合間に始めたFX。
初めて利益を上げることができると、早速あれこれと使いたくなりますよね。
ですが、ちょっと待ってください。
国内FXか海外FX、どちらの業者を利用しているかでお金の入出の仕方が変わります。
国内FXですと、出し入れが非常に簡単になります。
利益は一日以内に反映されることがほとんどですし、銀行でもカードでもすぐにおろすことができます。
すぐにお金が必要の際は心強いですよね。
しかし、海外FXの場合利益がすぐに反映されず、約4・5日かかる場合があります。
そして現金でおろすには手数料がかかることがほとんどになります。
海外業者を考えておられる場合、利益は電子マネーやクレジットカードで利用される方が良いかもしれませんね。


このTOPICSをシェアする