今知りたいFXの事!海外と国内との違いについて

海外FXと国内FXの違い

基本をおさらいしよう

そもそもFXとはなんなのでしょうか?
耳慣れませんが、資金運用または新たな収入源として巷で聞くことが多くなっている言葉でもありますね。
皆さんはこの言葉、どの程度説明できるのでしょうか?
金融関係・経済について明るい人は簡単に説明できるかもしれませんが、お金関係の用語は全く分からない!と拒否反応を示される方もいらっしゃいますよね。

まずFXとは「Foreign_Exchange」の英略になります。
日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」となり、「外為(がいため)」とも呼ばれます。
ドルやユーロなどの外国通貨を交換・売買し、その差額を目的とした金融商品になります。
インターネットができる環境と少しのお金があればいつでもどこでも始められることから、忙しい方の副業としても注目されています。
このインターネットができる環境とは、特別なパソコンのことだけではなくスマートフォンやタブレットのことです。
今やほとんどの方がお持ちだと思われるスマートフォン。
それに4〜5000円程度の元になるお金があれば始められる手軽さも、魅力の一つのようです。

株の取引に憧れを持たれる方も多いと思いますが、元になる費用に10万円ほど必要になるので初めての方にはハードルが高いと感じられますよね。
その点でもハードルの低いFXは、忙しい学生の方や主婦の味方になってくれる収入源になり得ます。
海外FX、国内FXと業者も様々あります。
両者の違いについて確認しながら、ご自身に合った業者を見つける参考にして見てください。